NY発ナチュラルフレグランス「Tallulah Jane」

NYの老舗薬局「C.O. Bigelow」</a>でプロモ中の友人、ナチュラルフレグランス調香師の「Eleanor Jane」を訪ねてきました。 実は彼女、日本でモデルをしていた事があるとか。「JJ」や「ポパイ」や「オリーブ」などの雑誌で活躍してたそうな。彼女とはFashion Institute of Technology (通称FIT)のフレグランスエバリュエーションのクラスで一緒になって以来。今日は彼女のルームフレグランスライン、「KATERI」「KENDA」「KASAAN」を紹介していただきました。特に「KATERI」はイタリアンレモンを中心に山胡椒と生姜でピリッと気持ちを高め、清潔感あふれる香りでおススメです。 彼女のブランドは100%ナチュラルです。香水はオーガ二ックか野草摘み(wildcraftedの和訳は野草摘みでいいの?)で、アルコールやオイルも有機認証を受けたもののみ。パッケージもエコフレンドリーなリサイクル素材でできています。 クリエーターのEleanorもナチュラルな印象を与える女性です。

ワインとフレグランス? 「Kelly&Jones」

Kelly Jonesに出会ったのは数年前。初めて会った時からワインに合うフレグランスブランド作りたいと話していました。ついに今年デビュー!feliciaも人一倍嬉しかったのですが、なかなか彼女に会えない。10月最後の土曜の午後、ChelseaのWilliams-Sonoma Artisans Marketに出展していた彼女をやっと捕まえました。 「Kelly&Jones」</a>はワインの世界にインスパイアされた香りの旅に導いてくれます。 もともとはワイン好きのKellyがSonomaのワイナリーに行った時の出来事。バニラの香水を着けたままワインテースティングのお部屋に入ってしまった彼女、当然注意されました。ワインテースティングではテーストだけでなくアロマも楽しむことを忘れる方は多々いますが、味覚と嗅覚を使うんですよね。(ちなみにfeliciaはお酒飲みません。理由はヒミツです。)既に着けている香水を落とす訳にもいかないので、バニラの香水を着けたままChardonnayを試飲した彼女はバニラの香りとChardonnayから醸し出されるのバターのような、オークのような香りの不思議なマッチングに気付きました。そこから彼女の数年に渡る実験が始まりました。 5種類のワインライン: 1. Notes of Sauvignon Blanc 2. Notes of Riesling 3. Notes of Cabernet 4. Notes of Merlot 5. Notes of Chardonnay このなかから本日はこのブランドが生まれるきっかけとなったChardonnayを着けました。 感覚で憶えるフレグランスやワイン、お酒を飲まない私でもこのラインを嗅ぐだけでワインについて少し理解が深まりました。 ジュースをボトルに入れる作業からパッケージまで全て彼女のアパートで行ってます。注文を受けてから発送まで彼女が一つ一つ気持ちを込める手作りの香水、現在の購入先はオンラインのみ。海外にもちゃんと発送してくれます。

「Art Collection by Jacomo」新作発表会

報告がかなり遅れましたが、先月末に「Jacomo」</a>の新作発表会「Art Collection by Jacomo」に行って参りました。Jacomoが新作発表をしたのは1年前の「It’s Me For Her」と「It’s Me For Him」ぶりです。こちらもコンセプトが面白いフレグランスなので、別の機会にレポートします。 Masion Jacomoはコンテンポラリーアート、ミュージック、モードにパッションを持つ、フランス人のGérard Courtinとアメリカ人のJames Kaplanが60年代後半にニューヨークの5th Avenueで立ち上げたフレグランスのブランドです。 今回のArt Collectionはフレグランスとアーティストの親密な会話がコンセプト。落としどころはパッケージ(香水が入っている箱)とフラコン(香水が入っているボトル)とジュース(フラコンの中身)のコラボとなります。Maison Jacomoが選んだ12名のアーティストにパッケージのイラストを提案してもらい、最終的にセレクトされた下記の3つのイラストに決定。「Art Collection by Jacomo」として世に送り出されました。 #02 Cécilia Carlstedt – 子供心と大人心が入り交じるイメージで、アーティストと調香師がコラボ。フレグランスファミリー: オリエンタル #08 Daniel Egnéus – インドへの旅行記がテーマのジュースに合うイラストを依頼。フレグランスファミリー: オリエンタル、スパイシー #09 Stina Persson – ヒールをはいた長い美脚のイラストに基づき、魅惑的な自身にあふれた女性をイメージしたジュースを調香師に依頼。フレグランスファミリー: ウッディ、スパイシー、フルーティ。 felicia的にはジュースは#8、パッケージは#9が好きです。機会があったら試して、皆さんのお好みのジュースとパッケージを教えてくださいね。ニューヨークに遊びに来たら是非「New … Continue reading